UQ mobileをauから乗り換えて、半年使ってみたメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
sim

UQ mobileにしてから約半年が経過しました。まだまだMVNOを検討しているままの方は多いと思いますが、乗り換えてからこの半年に感じた感想を書いてみたいと思います。

総じて言えば、端末の支払いを終えていれば、ぜひ乗り換えをオススメしたいと思います。そこで、メリット・デメリットをまとめてみました。


 

メリット

通信

  • 4G通信は問題ナシ。関東圏、関西圏はもちろん、その移動途中や九州など広域で使えるので、au時代と変わらない便利さ。新幹線の中などでのテザリングも問題なく使える
  • 通信速度制限はほとんどかからない(感覚値かも?)

アプリ

  • LINEなどの一部アプリでは多少不都合があるものの、主要なアプリは全般的に問題なく使える。(前回のエントリを参照
  • HTL21を使っていますが、おサイフケータイも問題なく使える

その他

  • 3GBを使いきってしまった場合でも、データチャージが安い。200円/100MBでOK ※2015年11月~開始
  • 3GBを使いきらなかった場合、最大3GBまで翌月に繰越OK。 ※2015年11月~開始
  • UQmobileにて端末を購入した場合、故障時のサポートがしっかりと付く。 ※月380円のオプション

 

デメリット

  • au端末での乗り換えなので、電波が悪くなると3Gに切り替えようとして、また4Gに戻る際に通信が一時的にできなくなってしまう。エレベーターでの乗降時に発生しますが、これが結構面倒なので一度機内モードにして、また機内モードをオフにするという地味なやり方で凌いでいます。
  • 端末が故障した際のサポートが0。ヤフオク等で新たに仕入れるか、修理屋などへ持ち込みが必要に。
  • 電話代がちょっと高い、カケホーダイプランが無い。 ※LINEなど多用する方には殆ど関係ナシ
  • キャリアメールが有料になるので、Gmailなどで運用していて相手がキャリアメールのままだとたまに弾かれる。

 

ということで、通信費が高くて悩んでいる方は乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリの記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA