住所一覧→GoogleMapに表示できる便利なサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
コンパス

エクセルで作った顧客リストなんかの住所一覧からGoogleMapに一覧化できなかな~っと思っていたらついに発見!!!

住所の一覧をコピペするだけでOK!な超カンタン♪GoogleMap作成のためのサイト。

下の画像のようなイメージでマーカー+吹出し(URLや電話番号などの情報を入れる事ができます)をつけてくれます。

 

※住所から自動でジオコーディングして(緯度経度に変換して)GoogleMapに表示するというカラクリになっているらしい

http://jp.batchgeo.com/

ちょっと日本語おかしいですが、以下上記サイトより引用

様々な国の地図を作成

北アメリカ、南アメリカ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアの住所を地図上に表示できます。

このツールの使用例

  • 地図の作成 ー Excel、Google Docs、Open Officeなどの表計算ソフトから直接コピー&ペーストできます。
  • 複数の目的地への運転ルート ー 表示された位置はグーグルマップとリンクしているので、運転ルートが簡単に分かります。(「距離を計算する」オプション)
  • 距離の計算 ー 1つの住所から複数の目的地への距離をマイルまたはキロメートルで計算します。
  • 航空写真 ー 表示される住所はグーグルマップにリンクしているので、航空写真や運転ルートが分かりますを見ることができます。
  • 自分だけのグーグルアース用KMLファイルを作成 ー あなたの住所データから、グーグルアース3Dデータ用のKMLファイルが素早く作成できます。
  • インターナショナル・ジオコーディング ー イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリア、中国、スウェーデン、オランダ、日本、イタリアを含むほとんどの国の住所をまとめてジオコード化できます。
  • 郵便番号を入手 ー 世界中の郵便番号が検索できます。
  • 地図の印刷 ー 住所を掲載した地図の印刷が可能です。
  • 地図の保存 ー 入力した住所の位置と関連データが一体となった地図をウェブページ上で保存して、後で使うことができます。
  • GISアプリケーションで使用するSQLデータベースに、緯度と経度の座標をインポートすることが可能です。
  • ドライブに ー ドライブ旅行用に、ホテルの住所や観光地の情報が入った地図を作成できます。
  • 不動産物件用に - 不動産物件のリストを住所と写真入りで地図上に表示、それをホームページにリンクさせたり、プレゼンテーションで利用することができます。
  • 住宅をお探しの方 ー お気に入りの物件の位置を地図上に保存し、インデックスをつけて利用することができます。
  • 郵便番号、都市名、県名のリストからその位置(セントロイド)が分かります。
  • お子さんにも ー 自分だけのルート作成が楽しくできます!

使い方

  • マップの作成に - ExcelやGoogle Docs、OpenOfficeのCalcなどのスプレッドシートから直接データをコピーできます。
  • 距離の計算に - 計算したい複数の場所をマイルまたはキロメートルで表示します。この場合、計算する元のアドレスは1つになります。
  • 衛星写真の閲覧に - 表示アドレスがGoogle Mapsにリンクされるので、衛星写真や走行方向の表示に利用できます。
  • 自分だけのGoogle Earth用KMLファイル作成に - Google Earthの3Dデータを表示するためのKMLファイルが作成できます。

ジオコーディングとは?

ジオコーディングとは、住所を緯度と経度の座標に変換し、地図上に表示することです。住所のデータを確認するために利用したり、郵便番号などが不明な場合に、それを検索したりすることもできます。このシステムでは、住所と関連するブロック面を探し出してジオコーディングを行います。例えば、「123セサミストリート というアドレスの場合「100ー200セサミストリート が1ブロックとなります。番地、町名、道順、都市名、県名、郵便番号などの全てが区分を特定するために使用され、区分が見つかった時点で番地とブロック区切りによって住所の位置が表示されます。簡単に言えば、ジオコーディングは住所を地図化し、複数の位置を地図上に瞬時に表示することができるシステムなのです。

このジオコーディングの特徴は?

ウェブ上でジオコーディングをするというコンセプトは新しいものではありません。実際に多くの無料ジオコーダーがウェブ上で利用できます。しかし、このジオコーダーはブラウザを使って大量の座標検索と複数位置の地図化ができる、初めての無料ジオコーディングサービスなのです。このツールは、一度に大量の住所を一気に地図上に表示できます。私どもBatchGeo.comは、米国国勢調査局のTIGERシステムのデータを利用している他のサービス(一部の地域では数百フィート* の誤差があると言われています)に比べてより正確なジオコーディングのデータを提供いたします。このサイトが利用しているGoogleジオコーディングAPIは、輸送データの業界標準とされている詳細な商業用道路データをもとにしています。あなたが入力したデータは安全に保管されます。リンクをクリックして、データセキュリティとプライバシーに関する詳細をご覧下さい。* 1フィート=約0.3メートル

自分のホームページで地図を表示させるには?

通常と同じ方法でジオコーディングを開始し、「保存 /印刷 /共有」のボタンをクリックします。次に、地図に名前を付けて詳細を記入すると、あなたの地図がホストされているウェブページが表示されます。表示されたページのURLをコピーして、あなたのホームページ上にそのリンクを貼ったり、友達に送ったり、保管したりすることができます。このサイトから第三者にあなたのURLを配布することはありません。データを更新するには、新しい地図を作ってリンクを更新して下さい。詳細情報はリンクのブログにある「地図のURLを作成する ページでご確認下さい。

データの範囲

道路レベルのジオコーディングが可能な国は、アメリカ、カナダ、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、デンマーク、イギリス、フィンランド、ドイツ、ルクセンブルグ、オランダ、アイルランド、ノルウェー、ポルトガル、スコットランド、スペイン、スウェーデン、ウェールズ、イタリアです。国、県(州)、そして都市レベルでのジオコーディングが可能な地域は、ヨーロッパ、アジアそれに中南米です。グーグルのサービスの拡大に伴い、今後道路レベルのジオコーディングが他の地域でも可能になっていくでしょう。使用している座標システムはWGS84、GPS機器で広く使用されている10進法座標システムです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。