SalesforceにCSVインポートする場合のエラー回避のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

Salesforceを導入することになったので、つまずいたポイントをメモしておくことにします。

企業コードなど、頭に0が必要な項目の取扱について

ゼロパディングと言われているようですが、Excelで例えば「000555」のような6桁の数字を企業コードとして扱いたいのにもかかわらず、Excelの仕様により「555」と3桁で表示、保存されてしまうことがあります。

これを回避するために、TEXT関数を使います。先頭に’(シングルクォーテーション)をつけることでもOKですが、行が下に長いと大変面倒なので、関数を使ったほうがラクですね。

上記の例だと、このようにすればOK。

=text(A1,”000000″)

→0を6つダブルクオーテーションで囲めば6桁を意味します。

これで出来上がった6桁の数字をコピーして、値として貼り付けて保存してあげればOKです。

Salesforceのカスタム項目が数値、通貨となっている場合のCSVの取扱い

単純にExcelが吐き出したCSVだと”●”(ダブルクオーテーション)で囲まれて出力され、これが数値として扱われないことでエラーが出るケースがあります。Salesforceのデータローダで読み込みをした場合、「数値を入力してください」のエラーが出た場合がこれです。

これを回避するためにExcelアドインCSV I/Oを利用します。

CSV I/O

Excel CSV I/Oのエクスポート時の設定項目

エクスポートの際のオプションで「項目をダブルクオーテーションで囲む」というのがあるので、このチェックを外してあげるとデータローダで無事に上手く(数値または通貨として)読み込めるようになりました。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。