mineo、UQmobileで使えるauのお勧め白ロム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
HTL21

MVNOが徐々に認知されてきて、私の周りでもmineoやUQmobileへ乗り換える方が増えてきました。そこで、気になるのは端末の購入方法だと思います。大手キャリアの場合だと、直営ショップや大手量販店などで端末+キャリアという契約形態が多いかと思いますが、格安Simを利用したい方はどこで、何を買って、どうやったらいいのかわからない・・・。といったハードルが高いかも知れません。

そこで今回は、au系のMVNOであるmineoやUQmobileが利用できるオススメ端末を挙げてみたいと思います。

端末の入手方法について

まずは「どこで買ったらイイの?」という疑問があるかと思いますが、auでLTE契約をされていた方は最近3年程度の端末であれば、そのまま格安Simを利用できる可能性が高いです。

新しく購入する場合の選択肢としては

  1. ヤフオク
  2. GEOなどの中古端末販売ショップ
  3. 知り合いから入手

などが考えられます。

いずれの場合においても、最近の端末は不正利用防止の観点からネットワーク利用制限がかけられるようになっています。これはauのサイトで端末固有の番号を入力することで確認できます。(ネットワーク利用制限携帯電話機照会)ここで、問題なのは購入する端末の状態によっては、前のオーナーの不払いや不正契約などがあると中古端末の購入後に突然利用できなくなってしまうリスクが生じることです。

端末の状態は◯、△、×の3つで表されますが、たとえば△の状態で端末を購入した場合に上記の理由によって×に移行した際に端末がロックされてしまうようです。オーナーが変わっていることやSimが変わっていることには関係がないようです。

ですので、×となってしまう場合、いわゆる赤ロムと言われるものですが、このリスクを保証してくれるショップまたはヤフオク出品者から購入するように意識して購入するようにしましょう

また、最近発売されている2015冬モデル等の端末はSimロック解除までに発売後180日を経過しないと解除できないものも多いため(Xperia Z5など)注意しましょう。せっかく最新モデルを手に入れたのにauでしか使えない・・・という事態に陥る可能性があります。このあたりはMVNOのサイトでは特に触れられていないようですが、まぁau側からしてみれば、自身の回線を使ってもらうために端末メーカーサイドといろいろと契約をしているため、販売戦略上仕方がない部分があります。

あとはiphoneを使いたい方も要注意。mineoのサイトにもある通りちょっと癖があるため、あまり詳しくない方はAndroid機の方がオススメです。

iOS9.2のiPhone 6、iPhone 6Plusでは、端末の初期化を実施した場合、SMSが利用できなくなる場合がありますが、再びSMSが利用できる方法を確認しております。詳細はこちらをご覧ください。
○iOS 8~iOS 9.1のiPhone 5sおよびiPhone 5cをご利用いただけません。iOS 8以降にアップデートすると元に戻せないため、アップデートはしないようお願いします。

mineoサイトより

オススメ端末

XperiaZ3 SOL26

Xperiaの中でも完成度が高く、バッテリの持ちも良い端末。ハイスペックモデルなので、カメラ性能、おサイフケータイ機能、ウォークマン機能など高いレベルで満載されているオススメの一品。Androidのバージョンは4ですが、5へアップデートできますので、地味な部分の便利度が増して使い心地は◯。背面もガラスなので、ちょっと扱いには繊細さが要りますが、防水機能もあるため結構ガンガン使えます。

VoLTE非対応なのでSIMロック解除も不要です。

ヤフオクだと色にもよりますが4万円前後で購入可能。値段は一時期3万円半ばまで下落するも4万円付近で高止まり。中古でも3万円弱くらい。XperiaZ4が発熱問題などあるため、こちらの人気が以前強い様子で、Z4よりも高値で取引されているケースが多いようです。

arrows M02

FUJITSU製のミドルレンジモデル。

価格がそこそこ安く、でも機能はしっかりの優等生的端末。ミドルレンジモデルだけれでも基本性能は高いのでサクサク使えます。

Android 5.1なので、最新の6ではないものの、以前のものよりだいぶ便利に。おサイフケータイも使えるので、モバイルSuicaで通勤したい方にもおすすめです。

ヤフオクで新品3万円前後くらいで購入可能です。

mineoのサイトから購入の場合、端末保証がつけられるのも魅力的。万が一の事があっても、安心です。

 

HTC J butterfly HTL21

安く使いたいならHTL21がオススメ。

かれこれ3年前のモデルですが、当時のハイスペックモデルのため、現在でも現役で使えます。Androidのバージョンは4、かつ5以降のアップデートはないようなので最新のAndroidが使いたい!という方には向きませんが、そうでないならばほとんどのことができます。

おサイフケータイ付き、カメラは800万画素あるので十分綺麗。画面も綺麗なので、最新機種の水準を要求するゲームを除けば大体のゲームや動画は滑らかに表示してくれます。唯一のネックは防水のはずなのに、端末下部のUSB部分のキャップが壊れやすい形状になっていること。高確率で壊れます。訳あって3台使ってましたが3台とも壊れました。

ヤフオクなら新品が少なくなってきましたが、中古美品で1万円ちょっと。お手頃です。

 

補足

ロッククリア

Xperia Z5などに代表されるVoLTE対応端末の場合は、ヤフオクなどで白ロムを購入した場合、ロッククリア(SIMロック解除)をauショップにて実施する必要があるようです。

SIMロック解除手数料3,000円(税抜)

地味に高いです・・・。

バッテリー交換(電池交換・故障時の修理)

また、上記の3端末以外でも防水性を高めているためかバッテリー交換や修理が自分ではできない端末が多いです。この場合、au端末であればauショップにてバッテリー交換が可能なようです。ただし、au回線の契約者ではないと思いますので、修理価格は時価となり、メーカーでの在庫有無にもよりますし、交換代金のほかauショップでの手数料などを合算した金額での交換ということになるようです。auショップ以外ではバッテリー交換や画面修理などを専門とするショップでの交換という選択肢となりますので、まずは壊さないように慎重にあつかいながら、バッテリーの状態を気にかけながら使用するという使い方が重要になりますね。

まとめ

お好きな端末を手に入れたら、mineoもしくはUQmobileのサイトより端末にあったSimを申し込みましょう。UQmobileの使用感はこちらにまとめています。

同じカテゴリの記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。